ダイヤモンド買取のそれぞれの方法のメリット・デメリット

ダイヤモンド買取の流れや方法

ダイヤモンド買取には大きく3つの買取方法があります。それぞれのメリットやデメリットはなんでしょうか。

ダイヤモンド買取のそれぞれの方法のメリット・デメリット

【買取サービスのメリット・デメリット】
お金がとにかくすぐにほしい!という場合に最適です。
ただし、利益分を引かれた金額になるため、どうしても査定金額が低いのが欠点です。
どうしても早くお金が欲しい場合のみ利用しましょう。

【オークションのメリット・デメリット】
個人でのやり取りになるため、仲介料金が必要ありません。
金額もこちらの自由で最低金額を決めることができます。
もちろん、オークション全体を見ての金額を決めることも大切です。
デメリットとしては、クレームが来た場合に対応は自分になることです。
こういった商品の場合、こちらで傷がないと判断しても相手にとっては傷があるといったクレームがくることがあります。
それが配送中の事故なのか、もしくは見落としていたものなのか判断が難しいところです。
ノークレーム・ノーリターンでの表記が好ましいところです。

【仲介業者を入れる】
自分と業者の間に仲介を専門としている業者を入れる方法です。
この場合、仲介料金が発生しますが、買取サービスよりは高い金額が望めます。
ただし、仲介業者に預けている間は料金が発生しないのですぐにお金にしたい人には不向きです。
また、預けている間にできた傷などは仲介業者によっては保証外となる場合があるので事前の確認が大切です。